MENU

 相手は19歳の専門学生、泊まる場所がなくてかなり緊急性を用意していると言うことが分りました。
「今や泊まらせてくれることができますか?」
「できるけど、今どこにいるの?」
「◯◯駅の近くなんです…」
その駅までは約20分、電車1本で行ける場所でした。
「20分待ってくれれば迎えに行くことも出来るけど?」
「本当ですか?よろしくお願いします」
一気にメール交換が進んで、そして直ちに出掛けていく事になりました。
顔の見えない世界だから相手が本当にそこで待っていてくれるのか、不安な部分もあったのですが実際に会うことができたら初体験だって可能になります。
淡い期待に終わるかもしれないけど、それでもチャレンジしてみなきゃって思って彼女の余っている駅前まで出かけてきました。
都合よく急行が来たために、予定よりも早く到着しました。
相手の名前はユイちゃん、彼女に連絡をするとすぐに返信が返ってきました。
そして数分も本当に会ったことのない女性と対面することができてしまったんです。
「よろしくお願いします。
あの食事もいいですか?」
かなり空腹そうだったので、近くのレストランで食事を食べてから自宅に連れて行くことにしました。

なかなか可愛い顔をしているし、スレンダーなボディが童貞の僕にはまぶしくて仕方がありません。
自宅に連れ帰ってシャワーをさせて、女性と一緒にいる事に対しての緊張感も感じてしまったのですが、彼女は神待ち常連のようでバスタオル姿一枚で目の前に現れてくれました。
彼女のバスタオルを取りスレンダーな若い肉体を前に童貞の理性は完全に吹き飛んでしまっていました。
夢中になっておっぱいにかぶりついて硬くとがる乳首を吸い続けながらオマンコに手を伸ばしていました。
初めての女性の体でペニスはガッチガチに勃起、ユイちゃんのフェラだけでも出しそうでしたから人生で初めての挿入をしていきました。
ハッピーメールを使って神待ちを見つけて、そして初めてのセックスをすることに成功したのです。
とってもエロい感触のオマンコの中で、夢中で動かしていって射精することができました!