MENU

 ビールを飲み始めてますます調子づく友達、彼は初体験をするまでの道程を語り始めました。
簡単に一発で相手を探すことができたわけではなく、紆余曲折を経て本物の神待ちを手にすることができたらしいのです。
「俺も最初は、無料の掲示板とかたくさんあるからあれを使えばいいと思ってたんだよね。
お金かからないしさ、女性だってこういうの使って相手探すに決まってるって思い込んでたわけよ。
だけど実際に利用したらそうじゃなかったんだな」
「それってどういう感じだったの?」
「神待ちっていうキーワードで検索すると、無料の掲示板とかサイトがやたらとヒットしてくるんだけどさ、そういうのって皆んなインチキだったんだよ。
ダミーサイトでさぁ、悪質なサイトに連れ込もうとしたり、個人情報を抜き取ろうとするようなものだったの。
そうとは知らずに使っちゃってさぁ、大変な目に遭っちゃったんだよね」
「それじゃどうやって本物をみつける事ができたんだよ」
「それはそこからいろいろ勉強をしてさ、安心して使っていく事ができるサイトを探しをしたわけよ」
安心して使うことができるサイト、彼のこの言葉を聞いてふと思い出したことがありました。
インターネットの中でも出会いを探すためのサービスは、大変危険だという噂がありました。
悪質な騙しが横行してしまっていて、被害報告がたくさんされているというのは自分も理解できていました。
実際に彼は本物探すまでに、その被害者の1人となってしまっていたらしいのです。
「特にひどかったのが同時登録っていうヤツなんだよね」

「同時登録って何なの?」
「例えばそのダミーサイトに登録するだろ、登録した先は無料なんだけど、同時に有料の悪質なサイトにも登録されちゃうんだよね」
さすがにこれは怖いって感じてしまいました。
無料だと思い込んだサイト、しかし同時に別の有料サイトに登録されてしまうんですから。